ハナミズキ満開

0
    毎年公園のハナミズキが赤、白、ピンクと綺麗に咲く。
    満開に咲いても気がつかない方が結構いる。
    考えてみれば仕方ないことなのだ。
    年々ハナミズキの木は、成長して大きくなる、すると花は、ドンドン上に伸びる。結果、咲いた花は、空に向かって咲いているので歩いている人には、見えない。
    遠くから見ると少し見えるが道幅も狭い道路では、視界も悪く立ち止まって花を見上げるしかないのだ。
    残念である。
    公園の隣にある中学校に一本ハナミズキがある。
    偶然にもそのハナミズキは、地下から伸びていて丁度花の位置と道路の高さが同じなので花がとても良く見える。
    動物の生態に合わせて大ヒットした動物園があるように花の生態に合わせて植えると花ももっと楽しめるのに。
    それでも春なのかあちこちでかまわず花が咲いていて気持ちがよい。





    KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 22:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    2014 、11月 蚕糸の森も秋

    0


      公園は、紅葉が急な寒さで綺麗に色づき始めました。
      そんな中、たいへん豊作を迎えている木があります。
      ほうずきほどの大きさをした柿。
      マメガキという種類だそうですがこれが、例年になく大量に実っています。
      公園内には、三箇所程あり、一番目につくのは、池のほとりにある木がめだちます。
      探してみて。


      KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 15:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      小さい秋の実り

      0

        20年近くこの公園を知っているがまだ知らない事は、あるのだと、公園ガイドが出来る位、四季折々の公園の顔を観てきたつもりでいたし、誰よりも知っていたと思いきや、長〜く伸びた鼻をポッキリと折れた音がしました。
        葉が落ちて、枯れ木の様になった枝には、無数の柿。
        種なしブドウのデラウェア程の実をしていて、甘くて美味しいと、ウォーキングする方は、ドウダンツツジの上に落ちた小さな柿を頬張ると口々に甘いと言う。
        その種を、庭に埋めたら、枝が出て30センチ程になったという。
        ん〜まだまだ公園という人工の自然でありながら、生命の多種多様な強さを感じてしまう。
        季節ごとの見所ポイントを抑えていたつもりが勉強不足であります。
        原色の色をドォーンと見せてくれる良い季節になりました。






        KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 17:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        蚕糸の森公園 藤棚の明暗

        0
          JUGEMテーマ:趣味
          JUGEMテーマ:日々のくらし
          物事が成就すると、実を結ぶとか、才能が開花したとか、植物に例える。 公園の藤も開花する物もあれば、そうでない物もある。 ほぼ同じ条件で藤棚は、あるのになぜだろう。 毎年咲く棚と咲かない棚とあるのだ、何が違うのかも分からないまま、 この時期になるとあ!咲いてる咲いてないと考えてしまう。 枯れかかっているならいざ知れずともに生き生きと生い茂るグリーンの中に花がある物とない物、 何があったの?しゃべれるものならたずねたい。 人もグイグイに普段元気で健康だけれども、今ひとつパッとしないできない人なんて山ほどいるだろう。 私もそのひとり、健康も自信ないが開花したいのだ。 開花する方は日頃それなりの準備しての開花である。 準備かー、わかっている様でできない。 それでも藤棚には、是非開花してもらいたいのだ。 私の様に準備も何もしないで流されているものでも開くのか?いやいや。 結局たんなるラッキーを求めているのである、同じ条件でも咲かない藤! いやいやその同じ条件まで持ってくのもたいへんだよ。してないし。 藤棚を見て自分の欲に不平不満を感じてしまう悲しい鑑賞である。 蚕糸の森 藤棚1

          蚕糸の森 藤棚2

          蚕糸の森 藤棚3

          KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          窓の外では、梅

          0
            窓から遠くに白い梅が咲いているのが見れるというか、わかる程度に白い物が確認できる。
            その咲く頃合いをみて、公園の中まで行く。
            歳をとると変な所で横着をする。
            年の功か、シッカリと咲いていました。
            遠くからの確認もまんざらでもない。
            冬の楓は、枯木の様になっていて、それを背に、梅が咲き乱れていた。
            今が見頃。


            KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 21:03 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            さくら

            0
              先日降った雪が、原因で公園の沢山の木の枝が、重みに耐えられず折れた。
              お店の前の桜も枝が折れ歩いている人たちの行く手を邪魔していた。
              これって、咲くかな?と思い持ってきた。去年も春に伐採した桜を貰い咲かせたのでいけるかなと。でも去年に比べたら切るのには、早いかなと思い、どうせ折れた桜、咲いたらそれでラッキーと思い水にさしてみた。
              まだかなり先になるが、待とう!
              KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 13:54 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              綺麗だけど悪魔。

              0
                校庭は、一面の雪で、それはもう綺麗なことこのうえない。
                車も思うように走れないせいか、とても静かで、寒さがまた一段と情緒を誘う。
                ひとけもないと公園は、別世界だ。
                まさに独り占めである。
                人がいない分、植物の呼吸が聞こえるようだ。
                池は、氷におおわれてコイも見えない。鴨も何処かにいってしまって、遠くで公園管理のおじさんが黙々と雪かきをしている。
                いつも散歩をしている沢山のお年寄り今日あたりは、家に缶詰めだ。
                気持ちの良いひとときでも、この後は恐怖の雪かき。
                間違いなく腰は、ボロボロになる。
                これが、雪の日の後の代償か!






                KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 11:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                紅葉散る。

                0
                  強風により、かなりの葉が落ちて、公園は、枯葉でいっぱいだ。
                  桜の葉は、すべて落ちて冬の装いになり、若葉が出る春までおやすみである。











                  現在
                  KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 15:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  蚕糸の森、紅葉

                  0
                    ググっと冷えたと思っていたら、12月。
                    寒い訳である。
                    また、進んだ紅葉を。
                    KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 15:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    秋、深まる。

                    0
                      ここ数日の冷え込みで、急に色づき始めた。
                      桜は、タイミングが悪いと、色づく間もなく、強風で散ってしまう事が多く毎年必ず見れるわけでは、ない。
                      今年も、手前の桜の葉は、散ってしまったが、銀杏の並びの桜は、残った。
                      銀杏が散る頃に楓(かえで)の大木が紅葉する。
                      時期は、正月ごろだ。

                      KanG * 窓の外は、蚕糸の森 * 16:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ