<< 今年も、始まりは銀座から。 | main | メロンパンにメロメロ >>

どんな形で、終わりを迎える。

0
    去年、東高円寺にラーメンの歴史を築いてきた老舗の名店が、その幕を閉じた。
    閉店した記憶はなく、看板を女子美でみつけ、事実を知った感じである。なぜここに?という衝撃は、今も憶えている。
    これで香貴苑 香蘭に続いて三軒目である。
    お店は、なくなっても私の記憶にしっかりとお店の味の記憶は、残っています、と言いたい所ですが美味しかったという記憶だけが残るだけで残念ですがそれ以上の細かな記憶はない。

    単純に世代交代といえば、その通りである、しかし同じ時代を共にしてきた者としては、これほど淋しい事は、ない。
    経営者は、私の親の世代であるから、私としては、自分はまだまだという気持ちは、ある。
    しかし、定年が定められていない私も彼らと同じ道を歩く可能性は、かなり高いというか、同じ道が待っているのは、間違いない。
    少しでも記憶に残る仕事していきたいと思う気持ちにこの看板は、させられます。
    ありがとう珍満!
    そして、ありがとう香蘭!




    KanG * 俺は、ジジイか! * 01:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ